誤解されるかもしれないですが僕が学生の頃、保険、金融、不動産と言えば「誰にでもなれる職業」の代表格と言えました。中卒でも採用されると揶揄される生保の営業マン、消費者金融の営業マン、不動産屋。僕が銀座の黒服を辞めて就職活動した時に採用してもらえたのはやはり上記の会社が多かったですし。実際、不動産屋になりましたし。

しかし、これらは「誰にでもなれる」ような簡単な職業かもしれないですが、意外と奥が深く知識も幅広い。まぁ誰にでもなれるけど、誰もが続けられる仕事ではないのかもしれません。という訳でこんにちは。ケンイチローです。最近、Facebookの投稿で「〇〇が壊れた!」といった事故的な投稿を目にするので、不動産屋の傍らで損害保険の代理店もやっている僕がちょっとした事を書きますね。

まず、外出先でカメラ等を落として壊してしまった、傷を付けてしまったなんて事はたまにあると思います。これ、保険で出ます。何の保険かと言うと、自宅に掛けている火災保険です。保険会社によって特約(オプション)になっていたりするので確認が必要ですが、加入していたら直す費用は保険で出ちゃいます。他に言えば、ゴルフに行って転んでクラブを折ってしまった、曲がってしまったなんてのも出たりします。

次に、自転車で走行中に人にぶつかってしまった。ケガをさせてしまった。なんてのもよく見かけます。「やべー自転車の保険に入ってなかったーーーーっ!!」という事もよくありますが、これもなんと火災保険で保険が出ます。

家の鍵を無くして家に入れない、チクショーーーーー!という場合でも、家の鍵を開けてくれるサービスも保険には付いていたりします。

家に泥棒が入ってテレビが盗まれたーーーー!なんて事があるかもしれません。これも、火災保険で損害額が出ます。僕も昔、時計を盗まれた事がありますが、保険が使える事を知らずに時効になった事があります。。。。ちなみに、友人が家(1Kのマンション)で寝ていて部屋にあった現金を盗まれた事があるのですが、これはさすがに保険が下りませんでした(笑)

また、借りている部屋の退去時に、管理会社(大家)から請求される原状回復工事の請求に関しても入っている火災保険で保険が下りたりします。※これは、保険会社や特約等の条件があって、簡単ではないので割愛しますね。

自宅を所有されている人であれば当然加入している(であろう)火災保険ですが、賃貸ですと更新時に加入漏れで無保険状態なんて事もあるので(特に地方の場合は多い)ちゃんと入っているか確認すると共に、どんな事故に対応しているのかはちゃんと確認しておいた方が良いですよ。2年間で1~3万円くらいが相場ですが、結構色々カバー出来ますし。

保険も、消費者金融も、不動産も契約出来れば良いという人が多いから契約時にキチンと説明されない事が結構多かったりしますし、契約する側も面倒だからとちゃんと聞かない場合が多いです。先日のエクスマセミナーでも藤村先生がお話されていましたが、「知らないという事は損をする」ので、浅くても知識は持っておいた方が良いですよ。

ちなみに・・・・旅行先で物を無くした場合は・・・・出ません。H内さん気を付けてね!

という訳で本日は以上です。1/3でも伝われば幸いです。