本日の内容は、「賃貸物件を借りている入居者」と「賃貸物件を貸している大家さん」のみしか意味のない内容です。該当しない方はここまでで戻って頂いて結構です。ホント意味がないので。

さて、今日は保険の事務仕事ばかりしています。保険と言えば、以前書いたブログを書いた事で何度か質問を受けてました。書いたブログはこちら(知っておきたい火災保険の話。

質問を受ける箇所を抜粋しますね。

”管理会社(大家)から請求される原状回復工事の請求に関しても入っている火災保険で保険が下りたりします。※これは、保険会社や特約等の条件があって、簡単ではないので割愛しますね。”

聞かれるのが「割愛しないで教えてくれ!」という内容です。という訳で本日はこの内容でブログを書きます。こんにちは。ケンイチローです。

知らないと損をする保険の話。

さて、賃貸物件を借りていると、ほぼ必ず加入させられるのが「火災保険」です。物件のサイズによって、2年間て15000~25000円くらいの費用が掛かります。一般的に、

・火事に見舞われた

・漏水事故に見舞われた

・泥棒に入られた

・外出先で家財(カメラとか)を壊した

という時に保険金が出ます。不動産管理会社の収入源の一つでもあるので、都市部の物件に住んでいる場合は、契約時、契約更新時に半ば強制的に加入させられている事が多いです。まぁ保険は万が一の備えですから加入しておいた方が良いとは思います。月々にしたら700-1000円程度ですし。火事を起こして数千万の損害を出したのに保険に入っておらず極貧生活を強いられるようになった人も何人か知ってますし。

で、この火災保険が退去時の原状回復費用にも使えるのです。部屋の退去時、不動産管理会社が立会をして傷や汚れ、壊した箇所を確認します。経験した事はありますよね?その際、不動産屋から「あぁ、ここに傷があるので〇〇円掛かりますね~」なんていうやり取りをした経験もあると思います。敷金を預けていればそこから差し引かれて返金、もしくは追加でお金が掛かります。

でも、ちょっと待って下さい。壁の傷とか、床の傷ってワザとぶつけたり傷付けたりしますか?

床のすり傷

壁のぶつけ傷

寝タバコでのコゲ

床は家具か何かを運んでうっかり付けてしまったのでは?壁だって引っ越しの時に棚をぶつけたとか、転んでぶつかったとか、寝タバコだってワザと焦がしませんよね?つまり、これって事故なんですよ。事故だから保険申請しましょう!って話です。そうすれば、保険金で払われるので入居者はお金を払わなくて良いし、大家さんも負担をしなくて良くなります

昔は、敷金2ヵ月を預けていたら1円も返金が無いのが当たり前でした。そこから条例改正等が行われ、負担割合や払うべき項目が取り決めされています。でも未だに敷金での揉め事はなくなりません。裁判になる事もしばしばあります。しかし、保険が使えれば揉める事なく清算が済んでしまいます。

ただ、「良い事聞いた!やってみよう!!」と思っても99%無理です。保険はおりません。どうしてかと言うと、皆さんの加入されている火災保険ではそういった保険事故は「対象外」だからです。なので、加入している保険会社に事故の連絡をしても軽く「あぁ、それは出ませんね」って突っぱねられて終わりです。「では、それが対応する保険に入るから教えてよ!」って不動産屋に聞いても、それも無駄です。不動産屋の99%は、こういった事故が保険で賄える事を知りません。「そんな事出来る訳ないじゃないですか!頭おかしくなったんですか?」って言われます。(実際、大家さんの何人かがどこかの不動産屋に言われたとか)

僕も都内で指折りの大手不動産屋にその火災保険の話をした事があります。入居者や大家さんの為になりますしね。そしたら、その不動産屋の社長さんが「そしたらウチの儲けが減るじゃないか。ウチには必要ない」で終了しました。人の為にやるのが商売ですが、普通の不動産屋ならこちらが普通の考えです。つまり、「知っていても儲からないからやらない」か「存在を知らない」が99%無理の理由です。まぁ後者が98%くらいですけど。

入居者の加入する火災保険は管理会社が指定した保険会社の保険を使うのが決まりです。契約書にも大体そういった記載が書いています。ですので、自分で好きな保険会社とは契約出来ないのが慣習例です。たまに、自分で加入したいなら好きな所で加入しても良いという不動産屋もいたりします。そういった物件であれば当社で代理店をしているので対応しますよ。あ。でも知らない人の案件はやらないのでその時は友人である損害保険代理店をしているオオシを紹介しますよ(笑) 本日は以上です。1/3でも伝われば幸いです。