珍しく張り切って2日連続のブログです。まぁ、書きたい事があるから書く訳なのでそれで良いと思ってます。ホントはもっと前から書こうと思っていた内容ですが、徹夜ばっかりしてて書ける状態じゃなかったというのもありますけどね。タイミングとか体調とかその時々で違いますからね。という訳でこんにちは、ケンイチローです。

◇お店の備品が壊れた場合。

ラーメン屋のスタッフからLINEが届きました。内容はと言うと、コケて扉にぶつかってしまって壊してしまった・・・というもの。

よくあるウエスタンな扉です。

金具からボリっと取れました。

説明するより写真で見るのが一番という事で、こんな状態になりました。お店をやっている方、もしくはバイトしていた時にこんな感じで物を壊してしまった方だとこんな経験がある人も少なくないはず。で、「お前が壊したんだから弁償しろよ!」なんてオーナーに言われて給料天引きとかされた方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

結論から言うと、これは「ほぼ無料」で直せます。今まで給料天引きされてた人には残念ですが。まぁ僕も昔、給料から引かれた事がありますけども。

どうするのか?というと、保険を使います。事務所や、お店をやっている方なら必ず入っている(はず)ですが、事業者総合保険というものがあります。保険会社によって名前は違いますが、いわゆる「会社用の火災保険+事務所(店舗)でのあらゆる事故に対する保険」です。入っていない方がいれば・・・・今すぐ入りましょう。

どういう理屈で保険が出る野か?というと、例えば上記の扉ですが、社員がお客さんにキレて扉を蹴って壊した訳ではありません。これだと故意(わざと)に壊したという事になります。まぁそもそも、事務所や店舗で「ワザと何かを壊す」なんて事はまずありません。何かしらの「事故」があって「壊して」しまうのが大半です。例えば、

・重いものを運んでいてよろけて壁にぶつけてしまった

・重いものを運んでいて手が滑って床に落として床に穴をあけてしまった。

・よろけてレジにぶつかってしまって、レジを落として壊してしまった。

など。ワザとではなく「壊してしまった」という事故な訳です。事故と言えば保険。そんな理屈で保険金が下りる訳です。

 

ただ、「なるほど!良い事を聞いた!!」って思って、保険会社に保険金出してくれって事故申請をしても大抵は出ません。出す為のやり方、言い方があるのですが・・・ま、ここで書いても万人が理解出来る訳でもないし、それで保険金が下りなかったら嘘つき呼ばわりされてしまうので、それは個別相談という事で。お金を掛けて直さなければならないような傷、破損が発生した時は僕に相談してみてください。1/3くらいは相談に乗りますね(笑)

本日は以上です。1/3でも伝われば幸いです。